立川でバストアップトレーニングできるジム

バストアップには、胸椎の伸展、大胸筋の柔軟性が必要です。女性なら魅力的なバストに、男性なら胸板を厚くし、カッコいいボディラインを手に入れませんか?

胸の引き締り、お腹周りのシェイプがお見事です。活動量を上げるための有酸素運動が苦手でしたが、現在は毎朝のランニングが習慣になり、やらないと不安に・・(年齢:50代・職業:営業職・期間:3ヶ月・63.7kg→57.0kg(-6.7kg)・16.5%→8.0%(-8.5%))

バストアップトレーニング

ベンチプレス

ベンチプレス

胸の筋肉である大胸筋の筋力アップトレーニングです。バストアップやカッコいい胸板作りのボディメイクや弛んだ胸の引き締め効果などダイエットでも必要なトレーニングです。

ダンベルフライ

ダンベルフライ

胸の筋肉のストレッチ系トレーニングです。巻肩や猫背の方は胸の筋肉が硬くなっている傾向があるので必ず取り入れたいおすすめの種目です。胸が開くことで肩甲骨が動くようになり呼吸が楽になるメリットもあります。

インクライン ダンベルベンチプレス

インクライン ダンベルベンチプレス

胸の上部の筋力アップトレーニングです。バストアップを目指すなら上部の筋力を付ける必要があります。ベンチプレスと比べると少し難しですが繰り返すことで効かせやすくなります。


バックエクステンション

バックエクステンション

背筋群の筋力アップトレーニングになりますが、背中(胸椎)が丸まる猫背の状態を改善できないとバストは下がったままです。いくら胸の筋力トレーニングをしてもバストが上がらない原因となります。胸の筋力トレーニングと共に背中のトレーニングを強化して美しいバストを手に入れましょう。

ストレートネック改善トレーニング

ストレートネック改善トレーニング

ストレートネックは、頭の重みで猫背となり胸が垂れる原因となります。重要なのは肩甲骨の位置が適切な位置にあることです。姿勢改善することで自然とバストアップになります。

プッシュアップ(腕立て伏せ)

プッシュアップ(腕立て伏せ)

自体重で胸の筋力アップを狙えるトレーニングです。お腹のインナーマッスルも鍛えられる種目なので体幹の筋力アップにとってもおすすめな種目です。


胸が垂れる原因

ストレートネック

頭部の位置が通常の位置より前方にて定着するストレートネックは、頭が前に出てメカニズムとしては胸の位置が下がります。その状態が長期間定着するとバストが下がり胸が固まるため、バストアップに時間がかかってしまいます。

猫背・巻肩

猫背・巻肩は背中が丸まり肩甲骨の位置が開いてしまうため胸郭の位置が適切ではな区なり、胸が垂れる原因となります。姿勢不良はバストアップを妨げてしまうのため姿勢改善を取り入れて上向きバストを手に入れましょう。

大胸筋の衰え

大胸筋はバストの土台となる大きい筋肉です。この大胸筋が年齢や姿勢不良・運動不足により衰える事によりバストが垂れたり、形が変わったり、ボリュームダウンにもつながるのです。

トレーニングの効果・メリット

バストアップ効果

大胸筋のトレーニング効果としては、胸の下垂れや型崩れ防止となり、上向きバストへボディメイクできる効果があります。30代以降の女性は筋力の低下により胸の下垂れが気になり始めると思います。運動不足を解消してバストアップを目指しましょう。

バストのボリュームアップ効果

バストトレーニングによりバストアップすると胸のボリュームがアップしたような見た目に大変身します。実際には胸の大きさは大きくなっていなくてもバストの位置でかなり見た目の変化が期待できますので、バストメイクに悩んでいる方は、挑戦してみましょう。

美姿勢効果

バストメイクは、姿勢改善が必要不可欠です。バストトレーニングをしながら自然に美姿勢になるメリットがありますよ!美しい姿勢は上向きバストになることはもちろんですが、胸の型崩れも防ぐメリットがあります。